読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールユーニードイズキルが凄かった話

公開日に見てきました。オールユーニードイズキル。レイトショーで。

公開日だったので、遅い回でも座席は6割くらい埋まっていました。

 

久々にめちゃくちゃ面白い映画を見られた!と物凄く感動してしまいました。

SF映画だとノーラン監督のインセプション以来かもしれません。あれは2010年の映画だから、4年ぶりということになる(笑)

 

ストーリーは最近宣伝をたくさんやってるからご存知かと思います。いわゆるループものです。

どうも僕はループものが好きみたいで、ミッション:8ミニッツとかデンゼル・ワシントンのデジャヴとかかなりお気に入りの映画です(※LOOPERはループ映画ではない笑)。

 

とにかくストーリーが素晴らしい。

死んでも前日に巻き戻るようになってしまった主人公は、何度も何度も戦場に赴き、経験を積んでいきます。原作だとヒロインもループするらしいんですが、映画だとループしたことがあるというだけで、彼女の記憶もリセットです。

 

上記の二つのループ映画はサスペンス的要素が強いのですが、今回はアクション映画です。なのでループものとはいってもかなり雰囲気が違ってきて、テレビゲームでノーミスクリアを目指している感じ。一日一日の経験がとても大事になる訳です。

しかもゲームとは違って生身の人間なので、一撃でも攻撃を受けたら即死というシビアさもあります。ゲーマーの人はメタルギアソリッドをノーキルノーアラートクリアを目指すカンジといえばピンとくるかもしれません。

 

このシステムを究極にデフォルメするとFC版マリオブラザーズになる訳で、その辺りが原作日本人だなあと思った次第であります。

 

 

もう一つ素晴らしいのは戦闘シーン。始めて主人公が戦場に降り立つシーンはプライベート・ライアンノルマンディー上陸作戦さながらでした(さすがにライアンには及ばないけど。そう思うとやはりあの映画はスゴイ)。ちなみに主人公ケイジは二等兵の扱いを受けているので、プライベート・ケイジです。

敵がバケモノなのが残念。あまりバケモノを狩る戦闘は燃えないタチなので。ヒトガタだったらもっと興奮してたかもしれないなあ…。

 

とにかく、今すぐに劇場で見てほしい映画です。

ノーラン監督のトランセンデンスも見に行かなきゃなんだけど、果たしてどっちが面白いかな。

 

2014/7/6