立って、吹くこと

僕は何か文章を書くことと同じくらい、歩くことを好む。歩いている間は思考が最もシャープになる気がする。最寄駅のひとつ前で降りて、50分の道のりを歩いて帰るという事を週に何回かしているくらいだ(ひと駅にしては遠いでしょう。川を越えるんです)。 今日…

嗅覚を失うこと

(前記事は多方面に誤解を生みそうだったので削除しました。読みたい方は僕のパソコンのデスクトップにありますのでどうぞ) 夏が終わった。 「真夏のピークが去った」と間抜けな顔で歌っている間に、夏そのものが終わってしまったようだ。あまりに早い。この…

郊外について

高2の頃に気胸になり、4か月ほどしぼんだ肺と暮らしていたことがある(医者に行くのが面倒で)。 修学旅行でもしぼんだままだった。神戸の坂がすごく辛かったことを覚えている。結局肺は自力で元に戻らず、最後に手術をした。 今月の頭にまた気胸になった。今…

無題

前回の記事が2月だそうだ。半年以上何も書いてなかったかと思うと呆然としてしまう、と思いきや僕は日頃から文章を紙に書いては丸めて捨てるという生産性のないことをやっているので、意外と実感はなかったりする。インターネットかゴミ箱か、という話なので…

ハロー・グッドバイ

昨日出た熱は一晩寝たらすっかり下がってしまった。まだ体調は万全ではないが、たまには荒療治も必要だ!と思い、スタジャンを着て強引に外へ出た。冬の夜は曇った日ほど暖かい。同級生がバイトしているコンビニでホットコーヒーを買い、近くの神社のベンチ…

フュージョン

高校に入ってすぐ、ロックにハマった。 友人がカラオケで歌っていたthe pillowsがとてもかっこよかったのだ。 ツインギターから出てくるヘンテコなリフと、山中さわおの書く少しひねくれた歌詞は高校生の自分の心を掴むには十分すぎた。 the pillows / Funny…

無題

両親みたいに、素直な反応をしながらバラエティ番組を見てみたい。そんなことを思う自分は真顔でテレビを見ている訳じゃなくて、テレビに向かって愛想笑いをしている。 先日、日曜日の夜に渋谷で映画を見る機会があった。AIに恋をするおじさんの話で、途中か…

オールユーニードイズキルが凄かった話

公開日に見てきました。オールユーニードイズキル。レイトショーで。 公開日だったので、遅い回でも座席は6割くらい埋まっていました。 久々にめちゃくちゃ面白い映画を見られた!と物凄く感動してしまいました。 SF映画だとノーラン監督のインセプション以…

「スコットランドヤード東京版」発売前体験イベントに参加してきた

お久しぶりです。気づいたらこんなに先延ばしになってしまいました。 特に代わり映えのない日々ではありましたが、先日株式会社カワダさん主催のボードゲーム「スコットランドヤード東京版」発売前体験イベントに参加して参りました。 今回はそのレポートを…

東京

ピースの又吉直樹が書いた『東京百景』というエッセイを読んだ。タイトルは太宰の東京八景とかけているのだそうだ。つくづく太宰が好きな人だなあ。東京のいろいろな場所にちなんだエッセイが100収録されている。 又吉の書いたエッセイはもう一冊あって、第2…

留学

幼馴染がイギリスの大学に入学することになった。6月10日に出発すると聞かされたのは先月の事である。数年前からそんな話は聞いていたのだけど、いよいよ現実となって僕の前に現れた。 幼馴染というと個人的には2,3歳くらいの頃の友達で、親同士が仲良くて本…

ガンダムUCとか、ボードゲームとか

濃い週末だった。だから日記を書きたいと思う。 ガンダムUCのエピソード7を見た 今週末最初にして最大のイベントであった。劇場版ガンダムUC(ユニコーン)のep7,最終回を新宿ピカデリーで見てきた。感慨深いとかいうレベルではない。この作品の原作が発…

モノの奴隷

いわゆる「モノ」が好きだ。腕時計とか、財布とか、スニーカーとかそういう類の。 モノ好きはとにかく情報収集に時間をかける。もしかしたらこの時間が一番楽しいのかもしれない。欲しいモノひとつを選ぶのに半年とか一年平気で悩む。今僕が使っている腕時計…

ねむり

数か月*1に一回、猛烈に村上春樹を読みだすことがある。 大抵はしばらくの間読書をしていなかった時だ。久々に本でも読むか、でも久しぶりだから重いのはちょっとな…という時、彼の文章はいいリハビリ(?)になる。僕はこれを起爆剤なんて読んだりしている。 …

ブログを始めることにした

突然だけど、ブログを始めることにした。 始めようと思うに至るきっかけはいくつかある。 一つ目は、文章力を鍛えようと思ったこと。 大学に入って気づいたのは、自分が魅力的だと思う人間は皆べらぼうに文章を作るのが上手いことだ。業務連絡のメールに惚れ…